レポート

Second International Barcode of Life Conference

9/17-21に台北のAcademia Sinicaで開催されたSecond International Barcode of Life Conferenceの記録です。

9/17 Side Meeting – Short course on DNA Barcoding

この日はDNAバーコーディングの入門編であるShort course on DNA Barcodingと菌類に関するワークショップが開催された。Short courseでは、DNAバーコーディングの概説に始まり、フィールドワーク・サンプリング・シーケンス・データ操作・同定などが実例とともに紹介された。

9/18 Conference 1st Day (1)

Conferenceの初日である。午前中は以下の2つのセクションが行われた。

  • SESSION 1: GLOBAL ACTIVITIES OF THE BARCODE OF LIFE INITIATIVE
  • SESSION 2: DIVERSE APPLICATIONS OF DNA BARCODING

(さらに…)

9/18 Conference 1st Day (2)

1日目午後は以下の2つ。

  • SESSION 3: HOW DOES BARCODING WORK AND HOW WELL DOES IT WORK?
  • SESSION 4: HOW CLOSE ARE WE TO HAND-HELD, FIELD-FRIENDLY, OR TABLE-TOP BARCORDERS?

(さらに…)

9/19 Conference 2nd Day (1)

台風は行ってしまったのだが天気は回復せず。この日は最初から死亡率の高そうな話題なのだが果たして生きて帰れるのかどうか。

それはともかく、午前中はSESSION5と6。

  • SESSION 5: ANALYTICAL METHODS FOR BARCODE DATA.
  • SESSION 6: CASE STUDIES I. INTEGRATIVE TAXONOMIC STUDIES USING DNA BARCODING

(さらに…)

9/19 Conference 2nd Day (2)

2日目午後はSESSION7と8。

  • SESSION 7: WHAT NEW SCIENCE WILL WE SEE AT THE THIRD BARCODE CONFERENCE?
  • SESSION 8: CASE STUDIES II. DNA BARCODING IN DEVELOPING COUNTRIES.

(さらに…)

9/20 Conference 3rd Day (1)

Conferenceの本編最終日になって、ようやく薄日が差すがすぐに雲って雨が降り出す。蝶の姿も少ないなあ。午前中は以下の2つのSESSION。

  • SESSION 9: BARCODING IN THE WIDER EVOLUTIONARY CONTEXT
  • SESSION 10: STATE-OF-THE-ART PRACTICES: HOW TO MANAGE YOUR BARCODE DATA.

(さらに…)

9/20 Conference 3rd Day (2)

午後には最後の2つのセクションが行われた。

  • SESSION 11: STATE-OF-THE-ART PRACTICES: HOW DO THE BEST BARCODE LABS DO THEIR WORK?
  • SESSION 12: BARCODING WITH NON-COI GENE REGIONS.

(さらに…)

9/21 DNA Barcoding Regional Meeting

Conferenceの翌日には、植物と海洋生物に関するworkshopと、アジア地域のregional meetingが開催された。

Regional meetingでは、まず、CBOLのコアメンバーとiBOLを支援するGenome Canadaのメンバーが、CBOLの役割、International Barcode of Lifeプロジェクトの概要とその資金について紹介した後、各国の参加者がバーコーディングの取り組みの現状と要望をコメントした。後半では、標本コレクション・研究設備・データベースの3つの分科会に分かれ、アジア地域における重点事項や問題点について議論した。最後に、今後の方針に向けて、アジア地域における優先課題に関する自由討論が行われた。討論の中では、農業害虫・侵入生物・病原菌媒介者・違法取引される生物など、人間の生活に関わる分類群を優先すべきという意見が多かった。